☆麻呂日記・・・黒柴♂麻呂の生活☆

ペットショップで偶然出逢い 一目惚れをしてしまったことから突然始まった「麻呂」との生活の記録  



黒柴♂麻呂

黒柴♂麻呂

黒豊号
黒柴♂麻呂です。
どうぞよろしく♪


カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お気に入り


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



あれから3ヶ月・・・
母が亡くなって 今日で3ヶ月。

あの日の朝、出勤前に病院に立ち寄るまでは
それまでと同じような1日を過ごすものだと思っていたのに・・・



いつものように母の病室に行くと、夜担当の看護士さんが来られて…

「夕べから 血圧が上がったり下がったりで落ち着かなくて
 ちょっと心配だから…
 今 お家のほうに電話しようと思ってたところなのよ~~!」

「もし良かったら 状態が安定するまで傍に居てもらえないかな?」 

…という話だったので

父には、できるだけ早く病院に来てもらえるようにお願いをして
とぉちゃんには、すぐには出勤できない旨を報告。


その後、母の担当看護士さんも病室に来られて…

「 今夜あたりが峠になると思いますので・・・」
「 もし会わせてあげたい方がおられたら連絡してあげてください 」 と。

その言葉に慌てた私は、再度 父ととぉちゃんに連絡。

父には、慌てなくて良いから気をつけて病院に来るように伝え
とぉちゃんには、時間の余裕が出来た時に母に会いに来て欲しい!とお願い。

そして、子供の頃から家族ぐるみでお付き合いをさせてもらっている
母のお友達Sさんにも連絡。

午後0時過ぎに母に会いに来て下さったSさんには、
母の最期にも立ちあってもらうことになり
生前、母が言い残していた紬を着せていただくことになったのでした。


あの日から 3ヶ月…。


あれや…これや…とバタバタの日々を過ごして来たのですが
あの日・あの時・あの瞬間の光景が 鮮明に脳裏に焼き付いていて
今でも思い出すたびに涙が溢れたりします。


でも、いつまでもメソメソしていたら 母が心配しますからね!!
母が好きだった…であろう?(私の)笑顔を忘れることなく

父と仲良く…とぉちゃん&麻呂とも仲良く…

癒し

          こんな麻呂の姿に癒されながら(笑)

     感謝の気持ちを忘れることなく暮らしていきたいと思います!






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 + 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。