☆麻呂日記・・・黒柴♂麻呂の生活☆

ペットショップで偶然出逢い 一目惚れをしてしまったことから突然始まった「麻呂」との生活の記録  



黒柴♂麻呂

黒柴♂麻呂

黒豊号
黒柴♂麻呂です。
どうぞよろしく♪


カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お気に入り


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



覚書
麻呂の口の中に 歯肉腫 ができているとわかってから・・・

今まで以上に愛おしく…大切に思う気持ちが強くなった気がしています。



麻呂も、今年の誕生日が来れば7歳。
7歳になれば・・・シニアです。

少し前までは、シニアなんて まだまだ先の話!!
なんて思っていたけど、麻呂も そんな歳になってしまうんですね。

今回、獣医さんで7歳~12歳の頃に多く発症する!と聞かされた時
「 そうだ・・・麻呂も もうすぐ7歳になるんだ!」って
あらためて実感することになったのでした(^^;;



今回の事に関しては、できるだけ悪いことは考えないようにしてるんだけど
ふと・・・これから先どうなるのかな~?って考える事もあったりします。


たかが 口の中のデキモノに 何をそんなにシビアになってるの?
・・・って思われるかも知れないのですが・・・


獣医さんから受けた説明を 覚書 の意味も込めて記しておきたいと思います。


今の段階では(一見しただけでは)良性なのか?悪性なのか?が判断できない。
完治させたいと思うのであれば それを見極める事が必要。
そのためには、病理検査をする必要がある。
※病理検査も治療もせず そのまま様子を診る事例も少なくないそうです。

ただ・・・

病理検査のための切除手術をすることによって、患部に刺激が加わり
それが悪性の場合には、爆発的に病気が進行する可能性がある。

極端に言えば、切除しなければ進行が遅く長生きできていたものも
切除することで進行を早めてしまい、命を縮めてしまう事もあるのだとか。
※研修医の頃に そういう事例をいくつか見てこられたそうです。

それは、1ヶ月や2ヶ月というレベルではなく週単位で・・・。

なので、病理検査の結果が出て 悪性であるとわかった時には
迷っている余裕は無く、すぐにでも設備の整った大きな病院で
適切な治療を始めなければならない!と言われたのでした。

そして、そうなった時には十万単位の費用がかかることや
さらに最悪の場合には、顎骨切除 が必要になることもあると!!!


これらの話を聞き、病理検査に出すことに不安を感じ
頭の中が真っ白になって涙が止まらなくなってしまった かぁちゃん。

でも・・・とぉちゃんの

「 このまま…何もしないまま 良性か?悪性か?もわからないままで
  放っておくことができるんか? 」

「 俺は、早期発見・早期治療で麻呂が長生きするのなら そっちを選びたい 」

という言葉を聞いて、それに同意。

自分が不安に思っていることをとぉちゃんに聞いてもらって・・・
先生にも相談にのってもらって 病理検査をお願いすることになりました。
 

今は、悪いことばかり考えていると本当にそうなってしまいそうな気がして
できるだけ良い事をイメージして過ごすようにしているのですが・・・。


今回の事もあり、もうすぐ7歳になろうとしている麻呂を見ながら

      愛おしい・・・

「 急いで歳をとらなくて良いのに・・・。」
「 もっともっと ゆっくり歳をとれば良いのに・・・。」 と

そんなことばかり考えている かぁちゃんがいたりします。

     

     






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 + 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。